優にゃんのLife Log

シンプルに生きるための記録。

シンプルに生きるとは?

シンプルに生きる

私はそうしたいと言いました。

でもシンプルに生きるってどういうことだろう。

今夜は、そんな題材で考えてみたいと思います。

 

■そもそもシンプルってなに?

smipleとは、研究社 新英和中辞書から引用しますと、

・簡単な、やさしい

・内容や構造などが単純で扱いやすくてやさしい

・単純な、込み入ってない、基本的な

という言葉が並んでいます。

 

私の目指すシンプルは、余計なモノ、必要のないモノを持たない暮らしです。

これまでどちらかと言わずとも浪費家で無駄なもの、必要のないモノに囲まれて暮らしてきました。欲しがってばかりの人生です。

「欲しい」という感情は時に人を狂わせます。

我慢が出来ない、理性を保てなくなることもありました。

自分が自分でいられなくなることはとてつもない恐怖であり、狂気です。

 

そんな自分に嫌気がさし、今ここにあるモノ、ここにいてくれる人を大事にしたいという感情から、シンプルに生きたいと思うようになりました。

シンプルに生きるとは、必要最低限のモノだけで満足し、幸せだと感じられる生活だと思います。

 

私がシンプルに生きるにはまだまだ捨てなくていけないものが溢れています。

 

■私がシンプルに生きるために捨てるべき3つのこと。

①借金

恥ずかしながら、理性を保てず、若いころから借金を繰り返しています。

ショッピング、ギャンブルそんなくだらないことに使いました。

今現在はパートナーさんのおかげで借りるくせはなくなりました。

依存症気味だったパチスロにも行っていません。

車のローン、銀行からのカードローン2社で今現在210万円の借金を抱えています。

②毎日のお酒

お酒なんて飲まなくて当たり前の生活をしていましたが何時の頃からか飲まないと不安で毎日毎日飲んでいます。元々強いほうではないので量は飲んでないつもりですが毎日のお酒代、朝の疲れを考えれば不要なものです。

③煙草

完全に無駄なものですね。

頭や心では十分わかっているつもりでも、身体が必要だと言います。。。

ですが、やめたい。ずっと思っています。

 

 

上記のことから、私は依存体質であることが自分でも理解できます。

無いと不安。無くてもきっと余裕で生きていけるのに不安になる。

シンプルに生きるにはそこから改善かな、と思います。

①の借金を一日でも早く捨てるために、②③を捨てて、時間とお金に余裕を持てるようになりたいです。

欲しがらない心になることがシンプルに生きるということなのでしょうね。

 

次回からは具体的に捨てる術を考えてみたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。