読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優にゃんのLife Log

シンプルに生きるための記録。

この支配からの卒業

卒煙

この支配からの卒業。

何に支配されているかって?

色んなものです。

ざっとしていますね。笑

こんばんは、優にゃんと申します。

 

通勤途中、早咲きの桜を見てもう春なんだと感じます。

卒業シーズンなんだなと。

春はなんだか切なくなるのは私だけでしょうか。

別れの季節。出会いの季節。何度の春を経験してきたんだろう。

今年はどんな春なんだろう。

 

明日は宣言通り、タバコからの卒業の日です。

勝手に、一人で、卒業式を行います。

 

タバコとの思い出。

出会いはそう、14歳の頃でした。ちょっとヤンチャだった姉の真似してマイルドセブン(現在はメビウスに改名)を吸ってみたのが始まりです。

ヤンチャってカッコいい。そんな中学生でした。

はじめの頃は、吸うたびに吐き気がして仕方なかったのを覚えています。

だけど、その頃はタバコ=カッコいいという考えだったので無理をして吸っていた気がします。カッコ良くなりたい、ただそれだけでした。

 

高校に入り、通学中にチャリンコこぎながらタバコを吸っていたなあ。

自分より小さい子供に注意されてキレていたなぁ。笑

タバコは親友のような存在だと思っていました。

落ち込んだとき、イライラしたとき、寂しいとき、暇なとき、一番傍にいてくれた存在。なんだかんだ長い付き合いです。

だけど、考えたのです。長い時間とお金を費やして、彼(タバコ)が与えてくれたものはあったのかどうか。

・黄ばんでしまった歯

・ボロボロになった肌

・すぐに息切れする不健康な体。

 

彼は、うまい具合に私を支配し、お金をむしりとる悪魔のようなものでした。

ハマッってしまったのは私の方。

もちろん、彼だけが悪いわけじゃない。むしろ彼は悪くないのかもしれない。

勝手にハマッて騙された気になってる馬鹿な女なんです。

 

だけど、気付いた以上は一緒にいることは出来ない。

わたしはわたしはあなたから旅立ちます~(あずさ2号)

 

タバコさん。

20年以上の月日を共に過ごしてくれてありがとう。

あなたの持つニコチンという物質のおかげで安らぎと心地よさを錯覚することが出来ました。別れはやっぱり寂しいし、後ろ髪をひかれる思いですが、もう、さよならを言わなくてはいけない。別れは出会いって言うでしょう?

 

あなたがいなくなったその時間をお金を何に使おう?

今はその出会いに期待が膨らみます。

あなたと別れることでお肌がピカピカになり、白い歯に心が躍るのが目に見えます。

私はあなたを捨てます。

私があなたを捨てるんです。

さようなら、さようなら。

別れの言葉は、「またね」が好きだけど、あなたには、はっきりときっぱりと

「さようなら」を言わせてください。もう二度と会うことはないよ。

今までありがとう。さようなら。

我が家のニャンズも大喜びしてくれるでしょう。

さようならね。

 

 

はじめましてのにゃんずです。

なぜか二枚投稿してしまいました。消し方がわかりません。。

あしからずーー

 

向かって左がダンディ君♂ 右がアンジーちゃん♀

f:id:younyan212:20170302205033j:plain

f:id:younyan212:20170302205033j:plain