読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優にゃんのLife Log

シンプルに生きるための記録。

借金問題:任意整理について考える 2日目

おはようございます。

昨日も少々飲み過ぎました、優にゃんです。

 

昨日は私の借金の状況についてお話させていただきました。残りの借金約150万円を返済するには、月5万円で37ヶ月。つまり5×37=185万円が必要になります。35万円も増えちゃってるのは昨日お話した利息の問題です。

 

そもそも任意整理ってなに??

任意整理とは、アディーレ法律事務所さんのHPから引用しますと

「任意整理」とは,取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)により借金を減額した上で,原則として金利をカットし,元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結び,以後この和解内容に従って返済を続けることで,借金を整理する手続です。

 つまり、私のように金利が高くも無い借金を持つ人にとっては減額が見込めるわけでもなくメリットは少ないように感じてしまうのも事実です。

今後の金利をカットして36ヶ月で150万を支払うことになったとしても弁護士に依頼するということで弁護士費用などで結局プラマイゼロになる気もしますよね。

さらに、任意整理をすることでいわゆるブラックリストに載っちゃいます。5年程度の間新たに借金をすることや、ローンを組むことが出来なくなるんです。

 

メリットないじゃん感は否めません。

ただ、私のような人間は任意整理した方がいいんじゃないかと思うのです。

なぜなら、

自分で自分を管理するのが苦手

つまりは自分に甘い

困ったらまた借金する

こんな半生を繰り返してきた人間だからです。

そもそも、毎月のリボ払い額(最低支払い金額)35,000円なんですけど上乗せして毎月5万円を返すのだろうかって疑問もあります。自分に甘い人間だから。笑

今月は最低限でいいや~ってなるのが目に見えますよね。

 

結論として

任意整理はなんだかんだメリット無い気もするけど私のような人間には借金の早期解決には必要かもしれない、ということになりました。

 

この結論は自分の中のものなので、一度弁護士さんに相談し決めて生きたいと思います。そのときはまたこちらで報告いたしますね。

 

 


お金をふやす8つの習慣―――外資系金融マンが教える本当のお金の知識