優にゃんのLife Log

シンプルに生きるための記録。

禁煙のお供、ミントタブレット菓子の恐怖について考える

こんばんは、優にゃんです。

チャンピックス服用4日目になりました。昨日までは0.5mg錠を一日一回でしたが、今日から0.5mg錠を一日二回服用するようになります。まだ大きな変化は感じられません。

 

 

昨晩、一緒に禁煙外来へ行ってくれた恋人さんに「もうチャンピックス飲みたくない(+o+)」と言われました。この頃の様子を見ていると禁煙することに少々ナイーブになっているご様子です。恋人さん本人が決意したことではなく、私の誘いに乗った感じなので仕方のないことかもしれませんね…。一緒に禁煙出来ればいいなとは思っていますがどうなることやら不安を感じています。私もそうですが、本人次第なので無理強いはしないつもりです♪

 

 

さて、今日は禁煙のお供、ミントタブレットの恐怖について考えてみようと思います。ミントタブレットの恐怖??って疑問に思われる方もいるかと思います。正確にはミントタブレットなどに含まれる人工甘味料の恐怖について調べてみます♪

 

f:id:younyan212:20170524214631j:plain

 

 

人工甘味料ってなに??

人工甘味料とは天然では存在しないその名の通り人工的に加工して作られた甘味料のことです。砂糖代わりの安価な甘味料としてお菓子、ジュース等に日本でも使われていますが、毒性が問題となり使用が制限されています。

一般的に人工甘味料は砂糖の何十倍という甘さなのにカロリーゼロ、太らないというイメージで健康志向の現代で幅広く利用されています。しかし、糖尿病、脳腫瘍、失明、うつなど様々な病気を起こすリスクがある可能性が指摘されています。

 

 

禁煙の代用品として私も愛用していたミントタブレットですが、amazonさんで人気ランキングをのぞいてみるとコンビニ、スーパーのレジ付近でよく見かける某メーカーさんの商品がズラリとランクインしていました。その中の一位に選ばれていた商品の原材料を見てみました。

 

 

原材料:甘味料(ソルビトールアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、香料、微粒酸化ケイ素、ショ糖エステル、クチナシ青色素

上記のようになっています。ほとんどが人工甘味料で出来ていると言っても過言ではないことに正直驚きました(ー_ー)!!

 

 

この人工甘味料の中でも特に危険だと言われるのが、アスパルテームアセスルファムKです。それぞれ、どのように危険なのか調べてみました。

f:id:younyan212:20170524214808j:plain

 

 

人工甘味料アスパルテームのリスクとは?

アスパルテームは砂糖の約200倍の甘味を持ち、カロリーは砂糖と同じなので砂糖と同じ甘味を出すには砂糖の200分の1で良いということになります。結果、カロリーが抑えられるということになります。しかし、アスパルテームには体重を増加させる働きがあります。その理由としてはアスパルテームアミノ酸であるフェニルアラニンアスパラギン酸という主成分で出来ており、これらはレプチン、インスリンといったホルモンの放出を促進します。これらのホルモンは新陳代謝を制御する主なホルモンであるため太ってしまうというわけです。

 

 

またアスパルテームを摂取したことにより上がってしまった血糖値はなかなか下げることが出来ないという結果もあり糖尿病へ繋がるリスクが高いと言えます。

 

 

その他にも、このフェニルアラニンは元々は人間の体内にも存在する物質なのですが、精製されたフェニルアラニンを直接的に摂取することで毒物と化し過剰に脳細胞を刺激する興奮毒であることが分かっています。

アスパルテームの中にはこの他にも体内に入れた途端メタノールに変化するメチルエステル等があります。メタノールは神経毒と言われるもので小さじ一杯で失明し大さじ一杯で死に至るような猛毒です。

 

f:id:younyan212:20170524214914j:plain

 

 

アセスルファムKのリスクとは?

アセスルファムKアスパルテームと同様に砂糖の200倍の甘味を持ちます。しかしカロリーはゼロ!またアスパルテームよりも安価なため飲料、お菓子メーカーから大人気の成分です。

アセスルファムKのKはカリウムで、科学反応によって生成された化学物質です。アルコール飲料、ジュース、お菓子でカロリーゼロと表示されているもののほとんどにこのアセスルファムKは使われています。

 

 

そのアセスルファムKのリスクとはずばり、発がん性の危険があるということです。

一部の研究では発がん性はないと発表されていますがアセスルファムKには塩化メチレンという物質が入っており、この塩化メチレンが危険物質です。塩化メチレンは皮膚、呼吸器等から体内に入ると高い確率で発がんすることが明らかになっています。

 

 

このように人工甘味料は危険な成分が多く使われていることが分かります。ただ、こんなにも危険とされる人工甘味料がこれだけ世に出回っているのは、安全性が許容範囲だからという事になります。禁煙のお供にしたいミントタブレットは息抜きやリラックスしたい時にも使えますが、危険な成分が入ってるということだけは意識しておこうと思います。

 

 

危険だけど、食べたいですよね、ミント系のタブレットや、ガム…(・_・;

調べました、ありました。オーガニックのガム。

 


Spry-スプライ- スペアミント ボトルタイプ 100粒入り

 

もうすぐ始まる禁煙のために買ってみようと思います♪