優にゃんのLife Log

シンプルに生きるための記録。

5月31日は世界禁煙デー

こんばんは、優にゃんです。卒煙してから1日半くらい経過しました~)^o^(

まだまだ全然序の口ですね。

今は吸いたいという気持ちよりもタバコを手放せた喜びの方が大きいです。

チャンピックスの効能でもある禁断症状を軽くしてもらってるおかげなのでしょか?

なにはともあれ、私はタバコを再び手放すことが出来たのでそんな自分を褒めつつ、継続できるように気持ちを引き締めていこうと思います(*^_^*)

 

f:id:younyan212:20170529213018j:plain

 

 

さて、明後日5/31は世界禁煙デーというやつらしいです!

今日はその禁煙デーとやつを調べてみようと思います♪

 

 

世界禁煙デーってなに?

世界禁煙デーとは、禁煙を推進しようと世界保健機関(WHO)が制定した記念日のようです。5/31の世界禁煙デーには禁煙マークが入ったTシャツなどを着て各地でマラソン大会が開かれたり、世界的に禁煙を呼びかけています。

日本では1992年から5/31からの一週間を「禁煙週間」としています。

 

 

厚生労働省のホームページによりますと、

「今年度は、受動喫煙による健康への悪影響から人々を守ることを目的として、「 2020 年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」 を禁煙週間のテーマとし、禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行うものである。」とされています。

 

 

 

こういった活動を通じてタバコを吸うひとも吸わないひともタバコと健康について考えたり知る機会が得られたら、政府が掲げる「受動喫煙のない社会」へ近付けるのかもしれませんね。なんでもそうですが、「知る」ことがなにより大事だと私は思います!

 

f:id:younyan212:20170529213447j:plain

 

 

世界的に禁煙を推進していますが、喫煙者の推移はどうなっているのでしょう。こちらも気になったので調べてみました!

 

 

禁煙ブームだけど喫煙者の数はどうなってる??

 

たばこ産業の「2016年全国たばこ喫煙者率調査」によりますと、成人男性の平均喫煙率が29.7%、成人女性の平均喫煙率が9.7%となっており、男女計19.3%となっています。男性の喫煙率が3割を切ったのは初めてでピーク時(昭和40年)の82.3%とからすると大幅に減少していることがわかります。それに比べて成人女性の喫煙率はピーク時(昭和40年)が15.7%だったのに対し、現在は9.7%なので減少率は高くはありませんが、ピーク時よりは減っている印象です。女性は妊娠、出産へのリスクがありますし、美容面でも気になりますので男性に比べるとやはり喫煙率は低くなっていますね。

 

f:id:younyan212:20170529214150j:plain

男性の喫煙率が下がったことで全体の喫煙率も下がりつつありますが、諸外国と比べるとまだまだ高い喫煙率で推測でおよそ2000万人の喫煙者がいるんだそうです。ただ前年の2015年に比べるとおよそ57万人の喫煙者が減少しているようです。

2020年の東京オリンピックに向け、受動喫煙問題など様々な場所で喫煙者たちの肩身は狭くなる一方で禁煙ブームに拍車がかかることは間違いないと思います。

5/31からの世界禁煙デーで多くの人に喫煙し続けることの恐ろしさ、愚かさを知ってもらい、少しでも多くの禁煙者が増えていくことを願います。

 

 

昨日まで喫煙者だったくせに、、、ですが、自分がやめたのに横で平気な顔して吸われるのはすごく嫌な気になります。受動喫煙の勉強もしたので余計に…(笑)