優にゃんのLife Log

シンプルに生きるための記録。

禁煙外来は成功だった!?卒煙25日目のぼやき

こんにちは、優にゃんです。

タバコを吸わなくなって25日ほど経過しました。正直正式な日数はわかりません。数えればわかりますが、そこまでするほど今日が卒煙してから何日目なのかは気にしません(笑)

実はチャンピックスはほとんど服用していません。チャンピックスの副作用である吐き気が苦手で飲まないようになりました。それでも月経前など少し精神的に安定していないときは寝る前に飲むようにしています。

f:id:younyan212:20170623140356j:plain

 

 

卒煙を開始してからの変化を書いてみようと思います。

 

・眠い(仕事中の昼休みはお昼寝必至になりました(ー_ー))

・寝つきは良いけど、眠りは浅い気がする

・お肌が柔らかくなってきた

・舌の荒れが治まってきている

・唇の色が赤くなってきた

・体重の大幅な増減はなし

・時々無性に吸いたくなる、イライラする、めまいがする(時々)

 

 

 

身体的にはタバコを今でも欲します。でも、気持ちが「要らない」と言ってくれているので吸わずにいられる気がします。大人の女性がこんな言い方しか出来なくてごめんなさいなんですが「煙草はクソだ」と思っています。すみません。もし、また吸ったらそんな自分もクソだと思います。自分を嫌いたくないので私はタバコを吸いたくありません。自信を持ちたい。それが一番の禁煙理由でした。タバコを止めて20数日目。自信は持ててるのでしょうか。

 

 

答えは「YES」です。

f:id:younyan212:20170623140617j:plain

 

 

卒煙したのとほぼ同時に筋トレを始めました。ムキムキのバキバキになりたくてですね。だから正直タバコのことよりも筋肉のことを考えている時間が多いです(笑)

タバコを吸わない自分、ムキってきた体。結構好きですよ。自分を好きでいられるって素敵なことですよね。私は基本ネガティブで「自分なんて・・・」が口癖のような人間なので「自分が大好きです!!」ってオーラ振りまいてなんか無駄にキラキラしているような人は苦手でした。でも、自分が好きって思える部分が少しでもあるだけで世界はちょっぴり明るいです。顔を上げて歩ける感じです。

 

 

 

それから気づいたことは禁煙は終わらない戦いであるということ。

一度喫煙した人は非喫煙者になることはありません。一生禁煙者であると私は思います。タバコの快楽を脳は覚えていますからどんなに吸わなくてもふとした拍子にタバコを欲してしまいます。非喫煙者にはそんな戦いはありませんよね。初めてタバコに手を出したあの日の罰だと思っています(笑)

 

 

大事なことは禁煙は終わらない戦いではありますが、たいした戦いではないと気付くことです。もうすでにタバコは私の人生から手放しました。時々吸魔がやってきますが、タバコは私の人生から手放しているので関係ないです、というスタンスでやっていくつもりです。

 

f:id:younyan212:20170623141010j:plain

 

 

 

ただ禁煙成功だ!!と言うタイミングがわかりません。今は「吸ってしまうかも」という不安が無きにしもあらずの状態なので今じゃないのは確かです。多くの禁煙者たちはどのタイミングで禁煙に成功したと公言するのでしょうね。不思議です。

禁煙に成功しましたと言えないままタイトルの禁煙外来について言わせていただくと、チャンピックスに関してはなんとも言えません。服用していないから。ただ、禁煙外来というシステムについては、私にとっては禁煙を続けるきっかけにはなっていると思います。

 

 

禁煙外来に行くまでにも病院を調べたりと多少の労力を使っています。病院嫌いの私にとっては病院へ行くことも苦痛であることは確かです。

それでも禁煙のために病院へ行って看護士さんに一酸化炭素の濃度を測ってもらい「禁煙続いていますね」と確認してもらって、お医者さんに薬をもらう。ただそれだけなんですけどね。承認欲求というやつなのでしょうか。

禁煙続いていることを誰かに知ってもらう。

頑張れていますね、と多少褒めてもらう。

それが微かな喜びであり、よっしゃ、という気合にもなるんです。

 

f:id:younyan212:20170623141444j:plain

 

 

だから、私は思います。

承認欲求が強い人は禁煙外来おすすめです。(笑)

私の場合、チャンピックスがまだまだ残っているし、服用もしないと思うんですが、確認のために病院行きは続けて行きます。初診から、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後と計5回の診察がありますが、今度は3回目の診察です。せっかくお医者さんとの禁煙なので気になったこと、睡眠障害とかめまいとか不安なことは相談しながら続けて行きたいと思います。