優にゃんのLife Log

シンプルに生きるための記録。

禁酒するだけで?その驚きの効果とは?

こんばんは、優にゃんです)^o^(

禁酒を開始して5日ほど経過しました~♪

まだたったの5日ですが、少しずつ体に変化を感じています

主な変化としては、お肌の調子が良いです!!まず、赤みが減った気がします。次にお肌の感触が柔らかくなったし、毛穴の開きが小さくなったように感じます。

f:id:younyan212:20170715084012j:plain



たったの5日でこの変化!がんばりがいがありそうですね。

その他にも禁酒の効果はたくさんあります。今日は禁酒をすることで得られるであろう効果について調べてみようと思います)^o^(



禁酒したらどうなる?禁酒の効果

①食べ過ぎを抑え、ダイエット効果になる

 

アルコールの席でついつい食べ過ぎてしまうことってありますよね。それは、飲んだアルコールによって胃腸が刺激されることにより蠕動(ぜんどう)運動が盛んになり食欲が促進されるためです。お腹はいっぱいなのにお酒が入ると〆のラーメンまでいってしまうのもそのせいです。お酒でむちゃくちゃな食生活をしていた私のような人はお酒を飲まないようにするだけで食生活の改善が出来、ダイエット効果に期待できます。



また、アルコールは筋肉の生成にも悪影響を与えているので禁酒することで筋肉の分解を阻止し筋肉がつきやすくなります。なので、禁酒して筋トレをすることでダイエット効果が生まれます。



②内臓が正常化し、健康被害のリスクが減少する

 

「アルコールがもたらす悪影響」の記事でも書きましたが、アルコールには様々な病気のリスクが潜んでいます。禁酒をすることで病気のリスクを減らすことが出来ます。

 

younyan212.hatenablog.com

 



③睡眠の質が上がる

アルコールを飲むと良く眠れるという人がいます。私自身も、アルコールを飲むと寝つきが良くすぐに眠れると感じた経験があります。実際には、アルコールを飲んで眠ると確かに寝つきはよくなりますが、睡眠の途中で目が覚める中途覚醒や早朝に目が覚めてしまう早朝覚醒が起きるようになるそうです。

 

f:id:younyan212:20170715084434j:plain



なぜ、そのようなことが起きるのかというと、アルコールを摂取すると体内のアルコールを分解しようとアセトアルデヒドが発生します。アセトアルデヒドは深い眠りであるレム睡眠を阻害してしまいます。そのため、浅い眠りであるノンレム睡眠の状態が長くなり浅い眠りとなってしまうそうです。またアルコールによる利尿作用により寝汗をかきやすくなったり、いびきをかく原因にもなるので睡眠時の無呼吸になることへのリスクも高まりますので睡眠の質は悪いと言えます。



禁酒することでこれらの症状はなくなりますので睡眠の質が格段と上がることは間違いなさそうですね。



④禁酒は美肌効果あり!

f:id:younyan212:20170715084917j:plain

アルコールは肝臓に負担をかけるというイメージが強いですが、肝臓だけでなくお肌など様々な部位へ負担をかけています。アルコールを摂取することで活性酸素が生成されます。活性酸素が増えるとお肌に潤いを与えるコラーゲンやエラスチンという成分を酸化させてしまいます酸化することで性質が変わってしまい、潤いやハリが失われてしまいます。



またこの活性酸素の動きを抑制させるのが抗酸化作用ですが、この抗酸化作用に欠かせない働きをするビタミンE、Cの邪魔をするのもアルコールなんですね。アルコールを摂取することで肝臓にダメージを与えてしまいます。そうすると肌の主成分であるタンパク質を生成しにくくなります。



このことから禁酒をすることで肝臓の機能が回復し、お肌に潤いやハリが戻り美肌へ近付けるはずですよね。



禁酒をすれば、以上のような効果が期待できると知るだけでわくわくしてきますよね♪がんばろうってやる気にもなってきます)^o^(禁酒を続けて美肌と美BODYを手に入れられるようにがんばります!!