優にゃんのLife Log

シンプルに生きるための記録。

お母さん、こんな猛暑なのにエアコン買ってあげられなくて、ごめん。

こんばんは、優にゃんです。

私には2つ年上の姉がいます。姉は同県同市内に住むシングルマザーです。

冷血非道な(そこまではないけど)わたしとは対照的で世話焼きでまぁまぁ優しい姉なのです。そんな姉から先日連絡がありました。

「ねぇ、お母さんち、エアコン壊れてて無いらしいよ!あたし忙しいから行けないけど、半分お金出すからエアコン買ってあげてよ~来月はお給料もいいはずだからお金出せるから!」っていう内容。

f:id:younyan212:20170630152331j:plain



んーー。姉のそういうこと、本当に嫌いなんですよね。笑

姉の嫌いなとこ①「忙しい」が口癖。

言いだしっぺなくせに、忙しいからやっといてみたいな感じ、嫌いですね。自ら、動け!ってマジ思います。忙しい、忙しい言って自分のことでしか動かない人、信用できないですよね。カッコ悪いなって思うし、姉にもそれやめな、って言っています。



姉の嫌いなこと②「こうなるはずだからこうして」

今回ので言えば、来月のお給料が良いはずだから、お金半分出せるよ、だから、エアコン代立て替えててねっていうとこですね。え、それ確定してるの?本当に来月のお給料いいの?半分出せるの?って不安で仕方ない口約束ですね。

f:id:younyan212:20170623141444j:plain



納得できないのでなかなか動かないわたし。

だけど、もうすっかり夏真っ盛りでエアコンなしなんてあんまりだよな~とも思います。

買ってあげたい気持ちはあるけど、動く気になれないのには姉以外にも理由があります。



こんな猛暑なのにエアコン買ってあげられない理由①母たちに対する思い。

母たち、というのは母とおじちゃん。おじちゃんというのは、叔父さんとか伯父さんとかの親戚ではなく母の旦那さんなわけです。私が小2の頃から一緒に住んでましたが未だに義理の父とかではなく「おじちゃん」です。おじちゃんに対しては敬語で話すし、世間話をしたり心を開いたことはありません。これからもきっとない。残念だけど。

 

f:id:younyan212:20170613210905j:plain



わたしたち家族は少し変わってて、先述した通りわたしが小2の時に母とおじちゃんが子連れ同士で再婚しました(正確にはこの頃はまだ籍は入れてない)。母側に姉とわたし。おじちゃん側に男兄弟が二人います。そのころからわたしの人生は激変しました。我が家では完全な男尊女卑の社会を教え込まれました。偉いのは男、女は男の下でせっせと家事をする。みたいな。小学2年生から掃除、洗濯は私たち姉妹の仕事になりました。兄たちが遊んでいても私たちは家事をしなければなりませんでした。



女であることは損なんだと私は子供ながらに思っていたけど、大人になって姉に男か女の違いではなく実子か他人かの違いだったんだと教えられました。それまでまったく気付かなかったんですよね、他人の子だから愛されない、ということには。

f:id:younyan212:20170616065628j:plain



あ。不幸話をしたいわけではないんです。むしろ不幸だとは思ってないし。

ただ、エアコンを買ってあげたいと思えるほどの想いがない。それを言いたかったんです。母親のことは好きです。大好きです。ニコニコしててだいぶ天然さんでかわいくて、本当に宝物なんですよ。でも、でもね、やっぱりおじちゃんはおじちゃんでしかない現実。

お母さん、ごめん・・・




こんな猛暑なのにエアコン買ってあげられない理由②お金がない

もうね、情けなす。これが一番かもしれません。

ちらっと電気屋さんも見に行ったんですよ。6畳用くらいの一番小さいやつ。一番安くて取付費込みで6万円くらい。姉が半分負担したとしても3万かあ・・・!!!

無くはないんです、そのお金。でもなぁ、デカいぜ、3万円。

まだ二人とも働いてるんで自分たちでどうにかしてくださいよって気持ちも正直無きにしも非ずなんですよね。。



どうしよどうしよってしてる間に夏が終わってくれたらいいのにって、冷酷非道な一面がチラホラしちゃいます。でもなんだかんだ母たちも60過ぎのじじいとばばあなのでどうにかしてあげられるように頑張ってみようと思います。

 

 

お母さん、エアコンはもう少し待ってね。それまで倒れたりしないように水分補給しっかりしてね。こんな猛暑の中エアコン無しでつらい思いしてるだろうに、すぐに対応できない無力さと冷たさをどうか許してね。